作ったカラム.jpg

FREE

今日は何をする?

​木曜日はFREEの日。海に行ったり、普段の創作活動とはまた違った素材に挑戦してみたり、COOKINGをしてみたりetc..

海部(うみ・ぶ)では皆で近くの海岸に行き、地球保護活動に微力ながら貢献できるよう、砂浜のゴミ拾いをします。マイクロプラスチックや流木なども拾い集め、それを素材として作品作りにも活かしていきます。また海の風を感じながら海ヨガの時間もお楽しみのひとつ。大切な海と私たちの身体、両方に優しい時間を過ごしています。

盛り海ヨガ.jpg
​深く深く息を吸う。

波の音を聞き、砂浜を踏み締め、深く深く息を吸う。私たちは地球に生かされていると実感します。生きているという事に意識出来る瞬間です。

盛りゴミ.jpg
あっという間に二袋

​「枕が落ちてるよ!」「うわっ、電話機まである。」砂浜に意識を集中すると驚くことばかり。枕はビーズ枕だったので回収できてホッとしました。貝殻拾いから入って海の悲鳴に耳を澄ますと、もう後戻りは出来ません。みんな時間いっぱいまで汗を掻きながら拾っていました。

盛りごみ02.jpg
こんなものまで流されて来ていました

釣り針が沢山引っかかっている漁網にベルトの一部、扇風機のカバーetc...ここには写っていませんが、その日はグラスが10個以上流されて来ていてびっくりしました。みんなが大好きな海。私たちにできる事はとてもとても小さな事だけど、だけどとっても大切な事。

​初めてみんなで海に行った時に、マイクロプラスチックの話をしました。海ヨガをして、貝殻を拾って、マイクロプラスチックを拾って。みんなとても楽しそうでした。

 

回目に海に行った時のことです。何も言わずともみんなすぐさまゴミを拾い始めてました。「はい、これ!」とすごい笑顔です。海に行ってそれが自然にで出来ることって、できるようで、そう簡単にはできません。驚きと共に、そんなみんながとても誇らしく感じました。 「つくること」だけじゃなく、色々考えて、感じて過ごしていけたらと思います。

素材.jpg
早い者勝ちで素材をチョイス

​ビビっと来たものを手にとり、ボンドやグルーガンで付けていきます。マイクロプラスチックをバッチに見立てて作ったかと思えば、今度はそれに誰かがカニの死骸をくっつけている! 何これ!あらまっ!笑顔が飛び交います。